正社員の定義とは - 労働事情

労働事情

正社員の定義とは

正規に雇用された人を正社員と呼びます。
正規雇用は、企業や官公庁などと雇用期間を定めないやとわれ方で、その組織で定められた定年まで働くことができる状態をいいます。
但し、退職を予告されることもあります。

給与の支払いは毎月決まった金額を決まった日時に支払われ、通常は年2回以上のボーナスが支払われることになります。
歳を重ねる毎に、賃金が上がる形態=年功序列制が一般的でしたが、最近は年功序列ではなく成果主義を取る組織も増えてきました。
厚生年金や有休休暇も保証されており、待遇面ではその組織に従属する限りある程度の保証がされた状態で働くことができます。
退職金も積立金として組織が管理して、定年を迎えると退職金がまとまった金額で支払されることが一般的になっています。

正社員で働くには、学校を卒業してその直後に組織に就職することで正社員雇用される場合が多く、就職をする場合には正社員採用で働くことを目指すのが、一般的な就職活動となっています。

正社員のメリットとは

働く形態には、正社員、パート、アルバイト、契約社員、派遣などがあります。
自分の都合のスタイルに合わせて働く形態を決めるものです。
一般的に長期に渡り給与などをはじめ、いろいろな面での待遇が優遇されているため正社員の形態で働く事が最も好ましいもです。
会社側はよほどの事がなければクビにできないと言う法律がある事から、自分から退職しない限り、長期に渡り働く事が出来ます。
更に昇給や賞与、社会保険、厚生年金、資格手当、住居手当、更に昇格すれば役職手当などの各種手当も充実しており、福利厚生も受ける事ができるなど、メリットが沢山あります。
ゆえに皆が正規社員で働ければどんなにいいことかと、誰もが思うところでありますが、しかしながら、決まった勤務時間で、会社で決められた就業規則を守り、業務命令にも従わなければならないし、残業、休日出勤も応じなければならなかったり、転勤などの命令も受けなければならないと言う厳しさもある事から、女性は、結婚などすれば、子育てをしながらの勤務は、勤務時間帯や転勤などが問題になったり、子供の病気や子供の幼稚園や学校行事などで簡単に休んだりする事もできない事などがあったりと、どうしてもパート、アルバイトの形態での勤務を選択しなければならない事情もあります。
しかし、今では、女性に優遇された正社員での対応の会社も増えてきていると言われていますので、女性は、そのような会社を選ぶことも大切です。


recommend

独自のノウハウにより特に自信があります。

水槽 レンタル

事務局様の仕事を大幅に軽減いたします。

生涯研修システム

世界的有名ダンサーお墨付きの本格ウェアを激安販売♪

ヒップホップ 通販

最終更新日:2016/7/6

top